blog

blog

【マイホーム購入!】今さら聞けない…。団体信用生命保険とは?

【マイホーム購入!】今さら聞けない…。団体信用生命保険とは?

こんにちは、おうちの買い方相談室 広島店です。

マイホームを購入する際、よく耳にする団体信用生命保険(以下、団信)。
「名前は聞く、何となくメリットがあることも知っているけど細かいことは分からない」
という人は多いのでは?

そこで、この記事では団信とはどういうものなのか、注意しないといけないポイント、さらに家計の見直しになるポイントまで分かりやすく解説していきます。

マイホームを購入予定の方にぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

そもそも団信とは?

住宅ローン契約者が死亡もしくは高度障害になった場合に、保険会社が住宅ローン残債を全額返済してくれる保険のこと。

住宅ローンは長期にわたり支払い続けていくもの。
その意味で団信は、ローン契約者が自分に万が一のことがあったときに家族を住居費等の経済的なリスクから守るための保険と言えるでしょう。

一部例外はあるとはいえ、団信への加入は住宅ローンの借り入れの条件になっていることが多く、住宅ローンの借り入れと同時に加入することが一般的です。

団信の支払いは明確な「保険料」という形をとらず、金利に上乗せされるケースもあるため、なかなか「保険に加入している」という意識 がなく、住宅ローンに団信が付帯していることを知らないという方も少なくないようです。

団信と特約の主な種類は?

最初にお伝えしたように通常の団信では、住宅ローンの契約者が万が一亡くなってしまったり、高度障害状態になってしまったりしたときに、残りの住宅ローンが支払われる仕組みです。

高度障害とは、両目の視力、言語機能、そしゃく機能などを完全に失ったり、終身にわたって常に介護が必要な肉体的・精神的障害を負ったりした場合などをいいます。

ただ、特約をつけることで【がん】【三大疾病】【八大疾病】など、幅広く保障してくれるものも出てきました。

団信・特約付き団信の保障範囲は?

団信・特約付き団信の保障範囲は以下の通りです

この他にも、ケガで身体障害を負った場合や、要介護状態に該当した場合も保障される団信もあります。

がん保険や三大疾病保険などの生命保険に加入する場合は、性別や加入時の年齢によって保険料が異なるのに対し、団信に特約を付帯すると、保険料として契約した住宅ローン金利に上乗せされます。

生命保険に加入した場合と、団信に特約を付帯した場合の保険料や保障内容を比較した上で慎重に判断するようにしましょう!

 

団信で注意すべきポイント!

団信に加入した後で「知らなかった」とならないように、加入する前に確認しておきたい注意ポイントをお話します。

○団信だけではカバーできないリスクがある
団信は、死亡・高度障害状態のときに保険金が支払われます。
また、特約などをつけるとがんや三大疾病、八大疾病などに該当した時も保障されますが、それだけだはカバーできないリスクもあるので注意が必要です。

それは、団信の補償内容に該当しない病気やケガによって長期間働けなくなった場合は保険金が支払われないため、その期間の住宅ローンの支払いが難しくなる恐れがあります。

もちろん短期間のみ働けない場合であれば、有給休暇や傷病手当金といった制度を活用しながらその場をなんとか凌ぐ事ができるかもしれませんが、長期にわたり病気やケガで働けなくなった場合、残された家族だけで今までの生活水準を支えることは困難になります。

考えるだけで恐ろしいことですが、 長期間の病気やケガに備えて、就業不能保険に加入しておくなど、万が一のために準備しておくことも大切です。

マイホームの購入を機会に、団信でカバーできない部分に備える保険も検討することをおすすめします。

○健康状態によって加入できない可能性がある
団信に加入する場合は、生命保険と同様に健康状態の告知が必要です。 すでに病気の既往歴や持病によっては団信に加入できず、住宅ローン自体が組めなくなります。
この場合は、持病があっても加入がしやすい生命保険に加入する方法があります。

住宅ローンを組む時になって慌てないためにも団信の内容も事前にチェックしておきましょう。

○保障が重複してムダな保険料を支払っているかも!
冒頭でもお話したように、団信は、住宅ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときに住宅ローンの残額を肩代わりしてもらえる生命保険の一種です。

すでに生命保険に加入している場合、その保険と団信で保障内容が重複していることがあります。

生命保険の加入時に、被保険者が亡くなったときの住居費も含めて保険金を設定したのであれば、団信と保障内容が重複している可能性が高いと言えます。

住宅購入の際には保険の見直しもセットでおこなうことをおすすめします。

まとめ

ここでは、マイホーム購入時に住宅ローンの借り入れの条件としてほとんどの方が加入する団信についてわかりやすく解説してきました。

マイホームを購入して団信に加入するときは、合わせて保険の見直しをセットでおこなうと、もしかしたら保険料の節約につながる良い機会になるかもしれません。

必要保障額は「年齢」「家族構成」「健康状態」「職業」などライフスタイルの変化によって大きく変わるため、一人ひとりに合わせた保障内容を定期的に見直すことで安心してリスクに備えることができます。

おうちの買い方相談室 広島店では、住宅会社のご紹介はもちろん、住宅専門のファイナンシャルプランナーによるご家庭に合った住宅ローンの組み方、教育資金から老後資金までの人生で必要となる様々なお金の不安やお悩みにサポートさせていただきます。

「我が家の保障はこれで大丈夫?」「自分に合った保険を選ぶのが難しい…」という方はまずマイホーム購入の前に正しい家計診断を初めてみませんか?

■「家づくり勉強会」開催!

広島FM主催 初心者でもわかる
「家づくり勉強会」を開催いたします!

開催日時:9月2日(土)3日(日)10:00~12:00
開催場所:広島県立広島産業会館 本館 2階会議室
組  数:各回15組限定

▼詳細はこちらから!

おうちの買い方相談室に早速相談してみませんか?

  • 相談無料
  • ローン相談
  • 土地探し

0120-849-310

受付時間 9:30〜17:00 定休日 土日祝は完全予約制