blog

blog

【広島の家づくり】間取りと防犯性を考慮した玄関ポーチのサイズ選びのポイント!

【広島の家づくり】間取りと防犯性を考慮した玄関ポーチのサイズ選びのポイント!

こんにちは!おうちの買い方相談室広島店の片元です。

家を建てる際に、玄関ポーチのサイズ選びは見落としがちですが、実はとても重要なポイントです。
玄関ポーチのサイズは間取りや防犯対策に大きく影響します。
今回は、初めて家を建てる方向けに、玄関ポーチのサイズ選びのポイントをご紹介します。

玄関ポーチのサイズ選びのポイント!間取りや設備に合わせて

 

玄関ポーチの広さは間取りとのバランスが重要

玄関ポーチの広さは、家全体の間取りとのバランスを考えることが重要です。

広すぎるとリビングや他の部屋のスペースを圧迫し、狭すぎると使い勝手が悪くなります。

例えば、家族構成やライフスタイルを考慮し、必要なスペースを確保しましょう。

訪問者が多い家庭やベビーカーを使う場合は、広めの玄関ポーチが便利です。

家族のライフスタイルに合わせたポーチの広さの決定は、将来的な使い勝手にも影響します。

子どもが成長するにつれて、玄関ポーチの利用方法も変わるかもしれません。

例えば、子どもたちが友達を呼んで遊ぶ際や、自転車を置くスペースとしても活用できる広さがあると便利です。

 

奥行きや幅、高さの計画も必須

玄関ポーチのサイズを決める際には、奥行きや幅、高さも考慮する必要があります。

例えば、奥行きが足りないと靴の脱ぎ履きがしづらく、幅が狭いとドアの開閉がスムーズにできません。

また、高さも重要です。屋根が低すぎると雨の日に濡れやすくなりますし、高すぎると圧迫感がなくなるかもしれません。

実際に使うシーンを想像しながら計画すると良いでしょう。

具体的には、一般的な靴の収納スペースや傘立てを置くスペースを確保するために、奥行きが1.5メートル程度あると理想的です。

また、ポーチの幅は少なくとも2メートル以上あると、複数人が同時に出入りしやすくなります。

高さについては、2.5メートル以上の天井高があると、開放感があり、ポーチ全体が明るく感じられるでしょう。

 

玄関ポーチの役割を考慮したサイズ選びの重要性

玄関ポーチは、単に家の入口というだけでなく、さまざまな役割を果たします。

荷物の一時置き場や季節の装飾を楽しむスペースとしても利用できます。

そのため、どのような使い方をするかを考えた上で、サイズを決めることが大切です。

また、防犯面でも玄関ポーチの広さが影響します。

広めの玄関ポーチは、視界が開けて不審者を発見しやすくなります。

さらに、玄関ポーチは家の第一印象を決める重要な要素です。

訪問者が最初に目にする場所であり、家の外観や雰囲気を左右します。

美しいポーチは家全体の価値を高めるだけでなく、住む人の生活を豊かにします。

季節ごとのデコレーションや植物を飾るスペースとしても活用でき、個性的で魅力的なエントランスを作り出せます。

 

玄関ポーチの照明と防犯対策を考慮したサイズ選び

 

タイプ別に見る玄関ポーチの照明と防犯対策のポイント

玄関ポーチの照明は、防犯対策にも直結します。

適切な照明を設置することで、夜間の安全性を高めることができます。

例えば、センサーライトを設置すると、不審者が近づいた際に自動で点灯し、威嚇効果を発揮します。

ポーチの広さによって必要な照明のタイプや配置も変わってくるため、サイズ選びの際には照明計画も一緒に考えましょう。

照明の配置は、ポーチ全体を均等に明るくすることが重要です。

特に、階段や段差がある場合は、足元をしっかり照らす照明を設置することで、転倒事故を防ぐことができます。

また、玄関ドア周辺には明るい照明を配置し、顔認識が容易になるようにすることで、訪問者の確認がしやすくなります。

 

玄関ポーチのスペース確保と照明・防犯対策の関係性

玄関ポーチのスペースを十分に確保することは、防犯対策にもつながります。

広いスペースがあると、防犯カメラの設置場所も選びやすくなりますし、視界も確保しやすくなります。

また、ポーチが狭いと、防犯カメラの死角が増えてしまう可能性があるため、広さを考慮して設計することが重要です。

また、玄関ポーチのデザインには、周囲の環境も考慮する必要があります。

例えば、近隣の家と近接している場合、プライバシーを確保しつつ、防犯性を高めるために高めのフェンスや生垣を設置することが考えられます。

一方で、広い敷地に建てる場合は、玄関ポーチの視界を遮らないようにすることで、周囲からの監視がしやすくなります。

 

玄関ポーチの設計と照明・防犯対策のメリットと注意点

玄関ポーチの設計において、照明と防犯対策をしっかりと考慮することで、住まいの安全性が大きく向上します。

ただし、照明が明るすぎると夜間に目立ちすぎてしまうため、適度な明るさに調整することが重要です。

また、防犯カメラの設置位置にも注意が必要です。不審者に破壊されにくい場所に設置することが推奨されます。

さらに、防犯対策としては、玄関ポーチに防犯アラームを設置することも考慮しましょう。

不審者が侵入しようとした際に、アラームが鳴ることで警戒心を高め、不正行為を未然に防ぐことができます。

防犯対策は、複数の手段を組み合わせることで、より効果的になります。

 

第三者の意見も取り入れて最適な玄関ポーチを

 

玄関ポーチのサイズ選びは、間取りや防犯対策を考慮した上で計画することが重要です。

「おうちの買い方相談室広島店」では第三者の目線でご相談に乗ることでが出来ます。

また、住宅購入の専門FPが在籍していますので、予算やライフプランを考慮したアドバイスをすることも可能です。

 

初めて家を建てる方は、ぜひ今回のポイントを参考にしながら、理想の玄関ポーチを設計してください。

家づくりの楽しさを感じながら、安心で快適な住まいを手に入れましょう!

 

今後も家づくりに関する情報を提供していくので、どうぞお楽しみに!

 

▼注文住宅相談会も随時開催しています!

 

この記事を書いた人:片元 彰

出身地:広島県広島市
趣味:ゴルフ、美味しいスイーツを探すこと
ご縁があったお客様には不安を解消しとにかく安心して暮らして欲しいです。
”お金”や“子育て”など、なんでもご相談ください!

おうちの買い方相談室に早速相談してみませんか?

  • 相談無料
  • ローン相談
  • 土地探し

0120-849-310

受付時間 9:30〜17:00 定休日 土日祝は完全予約制